“ろっ骨レコード” が再び話題に

【医療とのコラボ = 骨まで愛して♬】

5/8付け、朝日新聞に「ボーン・レコードを収集する音楽家」と題した記事が掲載されました。以前、ろっ骨レコード(ボーン・レコード)を製作したことを思い出しこんなユニークなレコードがあることを皆さんに知ってほしいと思い再度掲載します。※本サイト内、2016年8月4日付け参照方

1

RO

 

広告

HONDA Monkey Z50A

大型連休最後の今日は天気もいいのでラジオを聞きながらの洗車&ワックスがけ。車体が小さいのですぐに終わりました〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

Fostex R8 修理

【8トラ38テープデッキ】

今回はトラクション不足によりキャプスタンがプーリーと平ゴムベルトとの滑りにより回転しなかった。そこで油脂分の清掃とプーリーの表面に紙やすりを掛けて処置しました。

この製品の駆動系は3モーターで基本構造はうまくできているがコスト削減で耐久性に問題のある箇所がいくつかある。0102OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Toshiba 5zl-462 & Victor RP-5001

【同性∞異性】

このToshiba製ラジオの印象は清楚な女性のような感じです。一方、Victor製のレコードプレイヤーもキャビキャビの女の子。同性どおしですがこんな感じで組合せをしました。

この時代のラジオ受信機は放送局以外にレコードプレイヤーから入力ができるようになっておりアンプとして機能します。いろんな組み合わせをこれからも本ブログに掲載しますので乞うご期待のほど宜しくお願いします。OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA99

SHARP VZ-V2 ラジカセ・修理(Ⅱ)

【修理を重ねると愛着も増す】
カセットテープを再生していると音が途切れるので再生入力切換えのスイッチを修理しました。接点回復スプレーで簡単に解決できると思いきや大掛かりな修理(分解)となりました。
分解)①カセット及び電源の各ボタンを粘着テープで固定する。※特に組立時の破損防止に必要 ②ボリューム、同調ダイヤルを外す。※傷を付けなうよう注意 ③同調ダイヤルの奥にあるネジを外す。 ④ターンテーブルのクッション・バネを外す。 ⑤裏側のネジを外す。※12カ所 ⑥表側のネジを外す。※2カ所 ⑦同調用局表示板を外す。 ⑧同調用ダイヤル糸を外す。※配線経路ピンク色無題1
処置)⑨接点回復スプレーで隙間から。余分な液はエヤーで飛ばす。最後の写真はカセットプレイヤー本体です。無題2
最後に) 組立も無事終わりカセットもストレス無く聴けるようになりました。普通の修理と違ってこのラジカセは非常に大きくて重いので取り回しが非常にしずらいので大き目な作業台で行うことをお勧めします。なお、前回も書きましたがレコードの両面自動演奏機能や場所移動時の持ち運びなど使い勝手が非常に良いです。むろん音もいいのでほぼ毎日、レコード及びラジオをこれで聴いています。