真空管ラジオ&掛け時計のリメイク

【リメイク=再生】

 かれこれ50年前以上に作られた真空管ラジオ(National AM-380)と振り子時計(SEIKOSHA transistor clock)を今回まとめてリメイクしました。二つとも同じスプレー缶(カントリーブルー)で塗装しましたので部屋の中でコーディネートされた印象です。古い物が再生され若い世代に魅力のあるものとしてそばに置いてもらいたいです。※2018,08,17付け参照方OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中