MONARK SILVER KING とシャチ号(英輪社)

【思いをはせる】
日米のクラシック自転車です。2台とも戦後間もない時代に作られたものですがその姿を見ているとその国の時代背景が垣間見られます。日本車は丈夫で荷物を多く載せ稼ぐための商用自転車。一方、アメ車(ビーチクルーザー)はレジャー用の自転車。
自転車1やはり敗戦国の日本では復興に向けてがむしゃらに働くことが必然性だったのでしょう。荷台には何を載せてどこからどこまで走ったのでしょうか。この自転車を見ているといろんなことを想像させてくれます。
自転車3一方こちらは、シルバーキングのビーチクルーザー。シカゴ・モーター・クラブのステッカーが貼ってあり中古としてアメリカから輸入されたものでしょう。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中