9/1(土)「ミチクサエンニチ」出店(予定)

 前回開催(7/7)は西日本に多大な豪雨災害をもたらした台風で中止でした。被災地の方には心よりお見舞い申し上げます。

ミチクサエンニチ

広告

真空管ラジオのリメイク

【塗装は磨ぎの世界】
 50年代のアメリカナイズされたデザインにカラフルな塗装をすると一段とカッコよくなります。真空管ラジオの筐体には木製とプラ性がありプラ製の方が形と色が多彩でリメイクに適しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA最近のスプレー缶はノズルの改良や流動性の良い水溶性タイプの性能が上がっており綺麗に塗れます。手順:①塗装前にキズなどの隙間をパテで埋める。②耐水ペーパー1000番でパテ部を平らにする。③スプレー缶で1回目はムラがあっても良いので軽く塗装。④2回目はムラが無いように厚めに塗装。⑤耐水ペーパー1200番で塗装面の凸凹を平面になるよう磨ぐ。⑥スプレー缶で3回目の塗装。⑦耐水ペーパー1500番で平滑面になるように磨ぐ。⑧仕上げとしてフェルト&微粒子コンパウンドで鏡面になるように磨ぐ。磨ぎの注意として角は剥げないように力を抜いて行うこと。
dx8ラジオはいずれもNationalのDX-365です。左から白、ピンク、黒、4台目は未塗装(茶オリジナル色)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パタパタ時計のリメイク

【男前雑貨】

 40年以上前のパタパタ時計のメカを再利用したオブジェを作ってみました。

もとになる時計はSANKYO ザックス NO,L101Zで文字盤押さえの爪が繰返し疲労により折れていたのでまずはここを修理しました。リメイクの主な作業はアクリル板の加工で組立時の誤差が1/10ミリ以内になるよう、板の切出し及び穴あけを行いました。※ケースの組立は接着ではなく故障時に分解ができるようネジ止めにしました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の狙いは機械的な動きをカッコよく見せる。そして趣味の部屋(ガレージ)などのメカニカルな雰囲気に溶け込み且つ存在感のある造形物。そこでケースをスケルトンにするとともに歯車やパイプを使ってその雰囲気を醸し出しました。 どうでしょうか?OLYMPUS DIGITAL CAMERA